住宅事例や家づくりのお役立ち情報満載!
子育て世代のための家づくり応援サイト
ieMADO[イエマド] TOPページ > 住宅事例 > 心地良い空気を循環させて建物をまるごと暖める家

心地良い空気を循環させて建物をまるごと暖める家

大きな窓で明るさと開放感を演出したLDK。天井は梁を見せる代わりに木目調のクロスを採用した。ダウンライトの縁を白にしてクロスから浮かないよう工夫している。ワイドスパンなため構造上必要な中央の壁を活用し、コルクボードにした。窓はオール樹脂サッシとトリプルガラスで結露を回避している。
2018.09.18/イエマド編集部

LDKをゆるやかに仕切ったセンスの良さが際立つ家

白を基調とした南欧風の外観。10Kwの太陽光パネルを載せるため片流れ風の屋根にした。ドアやオーニングのグリーンやスリット窓の配置がアクセント。

大きな窓から光が差し込む田村様宅のリビングは、天井の木目調クロスが印象的な洗練された空間です。田村様はご主人の転勤がきっかけで東京から茨城に引っ越すことになり、家を持つことにしました。

「建てるなら地元の工務店で」と思っていた奥様がインターネットで見つけたのがスズモクでした。「実家を大手ハウスメーカーで建てましたが間取りも打ち合わせも自由度が低い印象でした」。スズモクの見学会に参加したご主人は「話し込んでしまうと契約しなくてはというプレッシャーがなく、話しやすい雰囲気だった」という印象を受けたと言います。

その後、二ヵ所で迷っていた土地の相談をする中で、ごく自然にお願いする流れになりました。

田村様が最優先したのはご家族が一緒に過ごせる広く居心地の良いリビングです。ダイニングは多目的に使えるようゆるやかにスペースを区切り、お子様のスタディカウンターやパソコンスペース、奥様のピアノなど、機能的に配置しています。

将来、奥様が復職することも考慮し、掃除しやすい造り付け家具や収納を増やしました。陽当たりの良い2階ホールは洗濯物干しスペースほかセカンドリビングにもアレンジできます。

ティファニーブルーのクロスが美しい玄関(写真上)。お子様の写真を飾りギャラリーのような雰囲気に。左に土間があり引き戸で仕切れる仕様。玄関から見えないホールの左にファミリークローク(写真下)を設けた。

ダイニングから見たリビング。カウンター下に床下暖房用のエアコンが設置されている。キッチンにあるIHコンロ前のパネルはスズモクオリジナルのクリアタイプ。カウンターが汚れずキッチンとのつながりも感じられる。

プラスアドバイス

外から見えない工夫スペース活用の収納
ダイニングカウンターの脇に造り付けたパソコンデスク回りに棚をつくってもらいました。プリンターの幅に合わせてもらい、壁をうまく利用してリビングから見えないよう工夫しています。奥のレンガ調クロスはこだわりました(奥様)。

リビングダイニングとのバランスを考えキッチン内も木目調にまとめた。勝手口に続く正面の土間にはリビングから見えない両側にパントリーを設置した。

隣家の視線をさえぎるため和室の窓は上下セパレートにした。床の間のアクセントクロスが効いている。押入れのほか階段下を利用した収納もある。

お子様を着替えさせることも多いため洗面脱衣室は2.5畳とゆとりを持たせた。洗面台はワイドな1m幅タイプを選択した。

階段下に位置する1階のトイレ。天井をフラットにするため階段カーブの段数を調整した。センスの良い木目調のクロスが印象的。

自由設計ならではのこだわり抜いた間取りづくり

「スズモクさんは打ち合わせで出た案をその場で図面に落とし込んでくれました。さらに、悩みがちなクロスも施行例の画像を見せてくれたのでイメージがわきました」。

メールでも打ち合わせするため、ご自身でも図面作成ソフトで間取りを考え、30パターン以上やり取りしました。「ここまで悩めるのは自由設計の良さですね」と奥様。

長く住むためには暖かさも妥協できないと考え、エアコンで家全体を暖めるスズモクこだわりの床下暖房システムを採用。ダイニングカウンター下に設置したエアコンで床下に温風を流すため足元が暖かです。リビング階段に加えて各部屋に空気孔があり、暖かな空気が家中に循環する仕組みです。基礎断熱も壁の中と外のダブル断熱です。

「蓄熱暖房や床暖房とは違い、このシステムは家のどこにいても寒くありません。風や雨の音も聞こえないので、子どもたちがお昼寝すると、静かすぎるくらいです」。妥協しない家づくりへの満足度がご夫妻の笑顔に表れていました。

2階ホールはサブリビングになるようテレビアンテナを設置した。窓側の床にある空気孔からLDKの暖かな空気があがる。レンガ調クロスを使ったカフェのような雰囲気でクロスが見えるよう本棚の背板をなくした。

バルコニー側から見たホール。中央の階段からリビングに行ける動線。夏は冷気をリビングに降ろすため階段上にエアコンを設置した。

陽当たりの良い6.3畳の子ども部屋は布団が干しやすいようバルコニーに出られるつくりにした。ほかに1畳のクローゼットを設けている。

将来ベッドを置けるよう高窓を採用した寝室。右が建物の正面にあたる。外観の美しさを意識してトリプルのスリット窓を配置した。左側の引き戸からウォークインクローゼットへ。

寝室から出入りするウォークインクローゼット。バッグやストールなどファッション雑貨を整理できるよう左側を可動棚にした。

スズモクの鈴木社長(後列右)、浅野さん(後列左)と。「おすすめする方法、しない方法の両方を提示してくれたので熟考できました」(ご主人)。

紹介したお家の基本情報

構造:木造
延べ床面積:141.10㎡
階数:2階

工務店情報

会社名:「ずっとお金のかからない家」をつくろう 株式会社スズモク
所在地:
【本社】茨城県坂東市生子717-2
【つくば店】茨城県つくば市吾妻3-7-14エスワンビル 1-G 【※予約制】
連絡先:0120-18-7388  
FAX:0280-88-7388
http://www.8341ie.com
メール:info@suzumoku.com

間取り

room1
room1