住宅事例や家づくりのお役立ち情報満載!
子育て世代のための家づくり応援サイト
ieMADO[イエマド] TOPページ > 住宅事例 > ライフステージの変化に応じてアレンジ自在な家

ライフステージの変化に応じてアレンジ自在な家

リビングとキッチンを仕切るアイアン風内窓はご夫妻が自作したもので、飽きたら外せるように設置の際は釘を使わず、木枠をうまくはめ込んだ。また、木枠にアイアン風塗料を塗ることで空間をすっきり引き締めている。

2018.11.01/イエマド編集部

プロ目線のアドバイスで安心できる家づくり

モザイクストーンをポイントに使い、シックにまとめた外観。デザイン性を意識したスリット窓の配置にセンスが光る。

菊地様邸のリビングは北欧モダンとフレンチをミックスさせたインテリアや、巧みなカラーコーディネートにセンスが光ります。ご夫妻とお子様用に計4台分の駐車スペースが確保できる土地がみつかったことをきっかけに、念願の家づくりが本格始動しました。

 

大手ハウスメーカーの住宅展示場に足を運ぶなど、リサーチにも時間をかけましたが、アルルホームズを選んだのはプロの目から見たメリットとデメリットをきちんと説明してくれたからだと言います。

 

「初めはガルバリウムを使った、屋根の端に低い壁を立ち上げたパラペット屋根を考えていましたが、他社はこちらの希望すべてに「いいですね」という反応だったんです。ところがアルルホームズさんは、将来雨漏りの可能性があることや、メンテナンスの必要があることなど、長い目で見たアドバイスをくれて、信頼できると思いました」とご主人は振り返ります。

シューズ&コートクローゼットをたっぷりとった玄関には、階段下スペースを活用した土間収納も確保。(写真左)

 

トイレは玄関横に。帰宅時すぐに手が洗えるよう手洗い場を設けた。(写真右)

テレビパネルの両サイドとリビング階段の青系クロスが爽やかなアクセントに。キッチン横にダイニングを配置しているので料理の準備や後片付けがスムーズ。南北に窓を配置することで気持ちの良い風が通り抜ける。

南側に配した3ヵ所の大きな窓から明るい光が入る。カーテンレールを天井の高さに設置し、窓の大きさ以上にカーテンを長くすることで天井を高く、空間を広く見せることに成功。

キッチンもホワイトで統一。勝手口やパントリーへの動線を意識したほか、食器の出し入れが手早く行えるよう食洗機と食器棚を向かい合わせに配置している。

大胆なクロスが和の雰囲気とマッチした和室。板の間には仏間スペースをつくり、壁はテレビや棚を設置できるよう補強。奥の納戸はクローゼットを兼ねた収納。

写真右は朝の混雑を解消するためゆったりとスペースをとった洗面スペース。左は、その奥に配置された脱衣&ランドリースペース。ホスクリーンを設置して室内干しも可能。

造り付け家具は少なくDIYする楽しさを

間取りは、かつて建築の学校に通われていた奥様がリード。お子様の独立、ご両親との同居、お子様家族との二世帯同居の可能性など、将来のライフステージの変化に対応できるよう考えられています。

 

たとえば、2階に設けたセカンドリビングは、将来、家族が増えて手狭になったときのために、隣接する寝室の壁を外して広く使えるよう工夫しています。また、1階の和室はご両親の居室にも使えるようにと、リビングに近い位置に配置。リビングにいてもご両親の気配が感じられる配慮が施されました。

 

〝住んでからがおうちづくり〟もコンセプトの一つです。造り付けの家具は依頼せず、内装をシンプルに仕上げました。「どこに棚やデスクが必要か、実際に住んでみないとわからないですよね。それに、時間をかけて自分たちで手を加えていくのも楽しいんです」と奥様。

 

リビングとキッチンを仕切るアイアン風内窓もご夫妻の手によるものです。このほか、自在にアレンジできるよう、リビングや洗面脱衣室などの壁をあらかじめ補強。

 

「息子の小学校入学前までにダイニングの壁にデスクをつくるのが目下の目標です」と奥様は笑顔です。ご夫妻の楽しそうな話しぶりからもお住まいへの満足度が伝わってきます。

プラスアドバイス

階段下に可動棚でゴミ分別に有効活用
リビング階段の下に空間ができたのでゴミ箱を置いたり資源ゴミの分別スペースとして有効活用しています。リビングから見えない位置が気に入っていますし、勝手口からスムーズにゴミ出しできるので便利です。(奥様)

2階の居室はアクセントカラーを用いているが、ホールはクロスや建具をホワイトでまとめて明るくすっきりと。(写真左)

 

主寝室につながる北欧テイストのクロスがおしゃれなウォークインクローゼットは大容量。衣類の日焼けを避けるため、あえて窓をつくらなかった。(写真右)

将来の二世帯同居を視野に入れて設けた2階のセカンドリビングは、水回りも設置して暮らしやすさに配慮。寝室を仕切る壁は取り外せるようになっているので、空間をフレキシブルにアレンジできる。

お嬢さんの部屋。グレーのアクセントクロスが落ち着いた雰囲気を演出している。

主寝室はウォークインクローゼットを扉で仕切らないことで、窓がなくても空気の入れ替えができるようにした。

菊地様ご家族と谷嶋社長(後列)。「構造面でもプロのアドバイスを受けられたので、安心して家づくりをお任せできました」とご主人。

紹介したお家の基本情報

構造:木造

延べ床面積:136.52㎡

階数:2階

工務店情報

会社名:アルルホームズ明るい株式会社

 

所在地:茨城県つくば市春日2-18-8

 

連絡先:

《本社》029-863-6188 《

龍ヶ崎サテライトステーション》0297-85-3039

FAX:029-863-6178

http://www.arle.co.jp/

メール:akarui@arle.co.jp

間取り

room1
room1