住宅事例や家づくりのお役立ち情報満載!
子育て世代のための家づくり応援サイト
ieMADO[イエマド] TOPページ > 住宅事例 > 健やかな成長を見守りたい 心がつながる見通しの良い家

健やかな成長を見守りたい 心がつながる見通しの良い家

対面式キッチンを初め、洗面所やPCスペースにいてもお子様の様子が手に取るようにわかる、見守りを重視した間取り。リビング階段はもちろん必須。吹き抜けなので2階の様子もある程度把握できる。

2018.11.19/イエマド編集部

ビルダーの決め手は親切な説明と信頼感

ウッド調の玄関ドアで、シンプルモダンな外観にかわいらしさを出した。屋根は、雪かきの手間をなくすため平屋根を採用。わずかに傾斜がついており、ゆっくりと溶けた雪が少しずつ落ちるようになっている。

「どこにいてもあずましい。うちでは今、〝あずましい〟が飛び交っているんですよ」真新しいダイニングチェアに腰かけ、満足げに室内を見渡すご夫妻。あずましいとは、北海道弁で〝心地良い〟という意味です。

 

ほんの1年前までマイホームを持つとは思っていなかったご夫妻でしたが、試しにつくってもらったライフプランが気持ちを変えました。「遊びに行く感覚で来夢ハウスさんの見学会に行き、応対してくれた畠山さんに家計の見直し程度の気持ちでつくってもらいました。そのやりとりの中で住宅ローンの知識などを教えてもらい、いろんな角度からお金の動きが見えるようになったんです。家賃とちがい、住宅ローン返済は自分の資産に対する投資なんですね」とご主人。

 

その後、何社か検討した中で、一番説明が親切で、実際の支払額をきちんと見積もり書で提示してくれる来夢ハウスを信頼して決めました。

圧迫感のある下駄箱を避け、スキー用具も収納できるシューズクローゼットを設け、2WAY玄関となっている。雑貨を飾るニッチは小物置き場としても活用。

早い段階で家具が決まっていたため、内装は家具に合わせて考えた。また、間取りもテレビの幅に合うように壁の幅を延長するなど、図面の微調整を行った。「いろんな面で、来夢ハウスさんのほうから、こんなふうにもできますよと提案してくれるのが良かったです」と奥様。同社はセントラル暖房が標準仕様。各部屋にパネルが設置されている。

収納力で選んだキッチン。素材はホーローで、マグネット収納を使えるところが気に入っている。「広々と使えるので作業がはかどります。同じ調理時間内でもう一品増やせるようになりました」(奥様)。

リビングの続き間は、お子様の遊び場、来客の宿泊用、ご夫妻の老後の寝室など多目的に使う予定。一見、和室のように見えるが、フローリング仕様の洋室に置き畳を敷いている。

リビングと直結した洗面脱衣室。扉を開けておけばリビングや洋室にいるお子様の様子がわかる。また、「アパート時代は寒い玄関を通っていかなければいけなかった」という不便を解消できた。

プラスアドバイス

物干し竿がたくさん!洗濯作業は洗面所で完結
うちのメインの干し場は洗面脱衣室。洗濯したらその場で干せるのですごくラクです。干し竿は、固定の1本と電動で降りてくる2本を付けました。セントラル暖房なので洗面脱衣室でも夜に干しておけば朝には乾いています。(ご主人)

1階洋室の位置を試行錯誤しているときに偶然できた空きスペースをPC作業場にあてた。手前の出っ張りは、隣の洗面所の収納棚にあたる。扉を付けなくてもほどよく隠れるので、使い勝手が良い。

“子供から目を離さない”で家事の時間がグッと短く

瀧澤邸が〝あずましい〟理由は、アパート時代の不便を徹底的に解消したからです。もっともこだわったのは家事をしながらお子様の様子が見られること。対面式キッチンにしてリビングを見渡せるようにしたのはもちろん、お子様の遊ぶ洋室をキッチンからも洗濯場からもよく見える位置に置きました。

 

家事にかかる時間は、ストレスのない広々としたキッチンや洗ったその場に干す洗濯動線の効果もあって大幅に短縮。余裕ができた分、お子様と遊ぶ時間が増えたと言います。「よく遊ぶので、よく食べて、よく寝るようになりました」と子供にも良いことずくめです。

 

お子様との時間を何よりも大切にしたいご夫妻は2階に共有スペースをつくりました。家族でパソコンを楽しんだり、お子様の勉強を見てあげたり、もう少し大きくなったときのための場所です。本来はホールですがカウンター、本棚、小窓のある空間はまるで居室のよう。

 

「いずれ自分の部屋にこもる時期がきても、こういう場所をつくって親と顔を合わせる習慣ができれば、自然とみんなのいる空間で勉強するようになるのかな」と奥様。うれしいことに瀧澤家では二人目のお子様の誕生が間近。仲の良い4人家族の夢が膨らみます。

お子様が大きくなったとき、一緒に作業や勉強をするために設けた2階フリースペース。現在は、2階で寝ているお子様の様子を見ながらご夫妻が作業する場所として活用している。カウンターまわりにはLAN設備と照明を設けた。

1階のトイレは奥様の好みでかわいらしいフクロウ柄。2階のトイレはご主人の趣味で、お茶の色の塗り壁風クロスで和テイストに。

「子供の好みで置く家具も変わるだろうから」と子供部屋の内装は白でシンプルにまとめた。6畳ずつ2部屋を用意。それぞれの窓から花火大会、雄大な山並みが楽しめる。

寝室はブルーグレーの壁紙でシックな色合いに。憧れのウォークインクローゼットは2.2畳を確保した。上着とシャツは冬物も夏物もすべてハンガーにかけ、衣替えの時期の入れ替え作業をなくした。

辻部長(後列右)と営業担当の畠山さん(後列左)を従えて、「おいで!」とリーダーシップを発揮する2歳の長女。「友達だと思ってるみたいです(笑)」とご夫妻。

紹介したお家の基本情報

構造:木造

延べ床面積:114.26㎡

階数:2階

工務店情報

会社名:来夢ハウス  辻木材株式会社              

所在地:北海道北斗市七重浜8-9-12

連絡先:0120-36-1370  

FAX:0138-49-6031

http://www.lime-h.co.jp

メール:lime-h-1@sea.ncv.ne.jp   

間取り

room1
room1