住宅事例や家づくりのお役立ち情報満載!
子育て世代のための家づくり応援サイト
ieMADO[イエマド] TOPページ > 住宅事例 > 木の温もりあふれるナチュラルカントリースタイルの家

木の温もりあふれるナチュラルカントリースタイルの家

梁を見せたリビングの天井は高さ2m70㎝で、開放感を出している。以前の住まいはキッチンとリビングが離れていたという奥様の不満を解消するため、キッチンにいてもリビングや和室にいるお子様に目が届くつくりにした。

2018.11.20/イエマド編集部

細部にまでこだわったおしゃれな家づくり

玄関回りに施工したアーチ型のタイルや、バランス良く配置された上げ下げ窓など、

外観にもかわいらしさを演出する工夫がいっぱい。

「無垢の木を使ったかわいい家」「お気に入りのインテリアに囲まれたカフェの様な家」。そんな希望を実現するため、自由設計で望み通りの家づくりができる住宅会社を探していた木村様ご夫妻。ご主人の実家近くにパルホームの分譲地があったことが、出会いのきっかけでした。

 

レッドパインの床をはじめ、家中のドアや水回りの設備にいたるまで、無垢素材や自然塗料にこだわりました。リビングはパルホームの見学会で気に入ったという梁見せの仕上げに。2階ホールは天井の杉板を床や建具と同じ色で塗装し、さらにナチュラルでウッディな空間を演出しています。

 

インテリアもドアのチェッカーガラスやカップボードなど、かわいいアイテムを厳選。アイアン付きの建具、アール開口やタイルなどにもご夫妻のセンスが光ります。玄関にはご主人あこがれのウエスタンドアを設置。塗装にもこだわり、ヴィンテージテイストに仕上げました。

ホールと玄関、両方広く使えるように上がり框は斜めにした。ウエスタンドアや照明器具などこだわりが詰まった玄関。(写真左)

 

土間収納、パントリー、キッチンは家事動線に配慮した間取り。買い物帰りに直接パントリーや冷蔵庫に荷物を収納できる。(写真右)

カフェのようにおしゃれなインテリアが並ぶリビング。正面のウッドドアから玄関へ。壁には市松模様風のステンドグラスを入れてアクセントに。冷蔵庫は、開閉時にリビングから中が見えないよう横向きに設置したので、来客中も気にせず料理に集中できる。

キッチン後ろのカップボード回りは奥様お気に入りの空間。飾り棚にはコーヒーミルなどカフェをイメージした小物をディスプレイ。正面のアール開口の奥にパントリーがある。(写真左)

 

モザイクタイル張りの洗面化粧台。壁には、調湿・吸着機能に優れたエコカラットを採用。ミラーや収納もウッドで統一した。(写真右)

琉球畳を使った明るい和室にも、ウッディなテイストをうまく取り入れた。板間の垂壁アーチがパッと目を引くデザインアクセントに。

買い物帰りもラクチンな家事動線を重視した間取り

間取りで重視したのは家事動線です。「以前はエレベーターのない社宅の上階だったので、買い物帰りは子供と買い物袋の両方を抱えていました。車と玄関を何往復もすることがあってヘトヘトでした」。

 

そんな奥様の悩みを解消するため、玄関からリビングを通らず、土間収納、パントリー、キッチンとスムーズに行ける配置に。キッチンから洗面、浴室も一直線にしたので効率的に家事をすませることができます。

 

「パルホームさんはどんな要望にもノーと言わず、メリットとデメリットの両方を明らかにしてくれました。その上でいろいろなアイデアをカタチにしてくれました」。 実は木村様ご希望のナチュラルカントリー仕様の家は、パルホームの新提案。「木村様も一緒に建材メーカーの工場に足を運んだりと、詳細にいたるまでこだわり、自信を持っておすすめできる商品です」とパルホームの濱本さん。

 

暮らし始めて1年。ご長男という新たな家族が増えました。「いろいろなところをDIYしようと思っていましたが、変えたいところがないんです。それだけイメージ通りの家だということですね」。リビングでにぎやかに走り回るお子様を見守りながら、ご主人は笑顔で語ってくれました。

プラスアドバイス

天井の杉板も床や建具と同じ色で塗装
1階リビングの天井は圧迫感を失くすためにクロス仕上げに。「2階は1階よりウッディな雰囲気にしたい」というご要望をいただいたので、ホールの天井に使った杉板を床や建具とおそろいの色で塗装。洗練されたカントリースタイルを提案しました。(パルホーム 濱本さん)

子供部屋は床やクローゼットの扉にレッドパインの無垢材を採用した。廊下を挟んだ向かいにあるのは寝室に続く引き戸。ダークカラーにペイントしておしゃれなアクセントに。

両面の窓からうららかな陽射しが差し込む寝室。右奥にあるのはご主人の書斎。エントランスをアーチ状にすることで室内が柔らかな雰囲気に。

天井のアクセントクロスで夜の空をイメージしたご主人の書斎。星形のライトや月の時計などご主人セレクトの小物が雰囲気づくりに大活躍。

ウォークインクローゼットは6.2畳の広さ。寝室の一角ではなく独立したスペースをとることで家族の衣類をまとめて収納できる。

ご家族とパルホームの千々松社長(後列中央)、松尾さん(同左)、濱本さん(同右)。「僕たちのどんな要望にもいろいろなカタチで応えてくれました」(ご主人)。

紹介したお家の基本情報

構造:木造

延べ床面積:125.50㎡

階数:2階

工務店情報

会社名:パルホーム  英工建設株式会社

所在地:山口県宇部市恩田町2-22-2

連絡先:0120-20-6141 

FAX:0836-32-6616

http://www.palhome.jp/

メール: info@palhome.jp

間取り

room1
room1