住宅事例や家づくりのお役立ち情報満載!
子育て世代のための家づくり応援サイト
ieMADOα[イエマドアルファ] TOPページ > 住宅事例 > 自由自在な8の字動線でプライバシーを尊重する家

自由自在な8の字動線でプライバシーを尊重する家

いつも笑い声があふれるご家族のLDK。お子様がまだ小さいことを考慮して、1階の建具は汚れの目立たないダークブラウンで統一。カウンターキッチンにはテーブルを造り付け、限られた空間を有効活用する。「見た目もすっきりし、使いやすくて大正解でした」と話すご夫妻。

2018.11.29/イエマド編集部

叶えたいことは全て伝えられたこだわりのお家づくり

以前の家での経験を生かし、長い目で見てメンテナンスが少なく済むように、外観には好きな色味から汚れの目立たない色を厳選。

住んでいた家の老朽化に伴い、新しい家への憧れを漠然と抱えるようになったO様。チラシで見たデバイス・ホームの見学会に訪れたのが、突然の家づくりの始まりでした。

 

というのも、当初家を建てる気はまったくなく、ただ見るだけ、そのつもりでした。後に担当となる酒井さんに声をかけられ、試しにつくってもらった設計図面を目にした途端、「もうその気になってしまいました。予算も想像よりも安くて、工夫すればもっと抑えられると。それなら、考えてみようか」と顔を見合わせ笑うご夫妻。

 

その後、ラジオでデバイス・ホームの弓田社長が話すのを聞き、高級住宅を安い価格で建てるという会社理念を知りました。そしてデバイス・ホームが、何より建てる側の気持ちをわかってくれると感じ、ここに任せれば大丈夫だと確信しました。

 

「担当の酒井さんとの相性も良かったです。声をかけられたのが違う人だったら、建ててなかったかもしれません」とご夫妻。

 

そうして始まった家づくりでは、「言いたい放題、わがまま放題でした」と笑う奥様。ちょっと気になることがあればすぐに電話して、図面は10回以上も変更したと言います。「自分たちのやりたいことは全部、酒井さんに伝えました。かなり言いたい放題だったと思いますが、選択肢が多かったので、標準仕様の中でおさまり、プラスのお金はかけずにすみました。話しやすい担当さんに出会えたからこそだと思います」とご主人。

「見学会で見かけて、絶対したかった」とご夫妻が口をそろえたファミリー玄関。内玄関にあるクローゼットのほか、メイン玄関にも靴箱を備え、大容量の収納を誇る。

少しでも広く感じられる視覚効果を考え、水回り以外の部屋はすべて床色を明るいブラウンに、天井と壁は白のクロスをセレクト。各部屋でやさしい光が降り注ぐ大きな窓は、開口部の広い4枚窓を設置した。

一方に4枚建ての掃き出し窓、もう一方に腰高窓を設置して明るいリビング。横には和室を配置した。

奥様のご希望でキッチンは対面式に。カウンター上に設置予定だった棚をとり、視界をより広くし、リビングからの開放感もアップさせた。

和室は玄関ホールからも入れ、客間として独立できる。リビングと和室の間仕切りは、普段はリビングの角へとすっきりと収納でき、広い空間になる。畳はご主人が仕事で手がけているというフチなしのものを選ぶことで、開放的な印象に一役かっている。

生活動線と視覚効果を探求 限られた空間を広々活用

ご主人のお父様も同居しているので、一番こだわったのが生活動線でした。玄関ホールを中心とした8の字型の動線を置くことで、LDKを通らずに浴室やトイレの共有スペースへ行ける上に、それぞれのプライバシーも確保できる間取りを実現させました。また、限られた空間を最大限に活用するため、リビング横には和室を置き、生活空間を拡大しました。他にも随所に広く見える工夫も施しました。

 

2階は、奥様たってのご希望で建具を1階と異なる白に。生活空間とくつろぎ空間で配色を変えることで、自然と気分がリセットされると言います。

 

「家全体で建具の色をそろえるのがセオリーのようですが、思い切って変えて良かったです。どちらの空間も気に入っています」と満足げな表情の奥様を見て、ご主人も微笑む姿が印象的でした。

プラスアドバイス

外した棚も有効活用!扉を閉めれば白い世界に
カウンター上に設置予定だった収納棚を脱衣所に取り付けて有効活用しました。廊下側はダークブラウン、水回りは清潔感のある白に統一したかったので、戸の両面で色の違うものにしてもらって、はっきり区別しました。(奥様)

1階と2階のそれぞれ階段横にトイレを設置。どちらも汚れが目立たない大理石調の黒い床を採用した。(写真左)

 

ご夫妻の寝室からも行き来ができるサンルーム。奥様が一目惚れしたという大きな窓付きの引き戸は、リビングのものと色違い。同じくお気に入りの床も1階の洗面所とおそろいに。(写真右)

現在はご兄妹で使う子供部屋。将来的にはお嬢さんが一人で使うことを想定し、天井にピンクのクロスを貼る。

奥様の熱望で、2階はすべて白を基調としたシャビーシックな建具で統一。落ち着いた雰囲気の1階とは趣を変え、外国のような雰囲気に。ご夫妻の寝室には、部屋幅よりも長さを有する大容量のクローゼットを備える。

担当の酒井さん(後列右)と荒川さん(後列左)とO様ご家族。「ダメなものはダメとはっきり言ってくれたので、安心してわがままが言えました」(ご主人)。

紹介したお家の基本情報

構造:木造

延べ床面積:116.75㎡

階数:2階

工務店情報

会社名:株式会社デバイス・ホーム 

    http://www.luckydakara.com

所在地:   

[本社]  福島県会津若松市南千石町3-12

[郡山店]   福島県郡山市桑野2丁目25-11Fビル102

[いわき店] 福島県いわき市小名浜字古湊91

 

連絡先:

[本社]0242-29-8781

FAX:0242-29-8791

メール:info@luckydakara.com

 

[郡山店]024-954-6466

 FAX:024-954-6465

メール:koriyama10@luckydakara.com

 

[いわき店]0246-84-6700

 FAX :0246-84-6701

メール:iwaki10@luckydakara.com    

間取り

room1
room1