住宅事例や家づくりのお役立ち情報満載!
子育て世代のための家づくり応援サイト
ieMADOα[イエマドアルファ] TOPページ > 住宅事例 > リビングを基軸に動線を工夫 家族の存在がいつも身近に

リビングを基軸に動線を工夫 家族の存在がいつも身近に

ナチュラルテイストのリビングダイニングは写真正面の三連縦すべり出し窓がアクセント。また、キッチン前カウンター、学習用デスク、テレビ台などを造り付けることで、ダイニングテーブルや家具を置かない広々空間を実現。

2018.12.17/イエマド編集部

造り付けの机や棚で実現したすっきりとした暮らし

ベージュホワイトをベースにした清潔感の高い外観。デザインの異なるサイディングを巧みに張り分けて表情を演出した。

男の子を授かったことを機に〝のびのびと子育てをするための一戸建てを〟と考え始めた鈴木様。こだわりのある家づくりがしたいと20社以上の住宅会社を調べていく中で、ご夫妻それぞれが偶然一致して見つけたのがスズモクのサイトでした。

 

「他社とは違って、家づくりへの情熱が高く、おもしろそうな会社だと思いました」とご主人。実際に相談しに行ったところ、無理なく楽しく生活するための資金計画から説明してくれたところが信頼できると感じたそうです。

 

家づくりは土地が決定したことで本格始動しました。「土地を見たときに浮かんだイメージが〝敷地の前面に広いカーポート、その後ろに建物〟というもので。それがそのまま形になりました」とご主人。

玄関ホール&収納は余裕の広さ。土間にはご主人の趣味でもある自転車をディスプレイ。天井端に段差を設けてラックをはめ込むことで地震対策も万全。

リビングに続く廊下は玄関からの光をガラスブロックで採り入れて明るい。家族共有のホワイトボードはキッチン用ホーローパネル。マグネットの貼り付けやマジックの書き/消しもラクラク。右の収納はWEB環境やプリンター、書類などを一括。(写真左)

 

和室は客間として使用。和の雰囲気を大切にした天井や照明セレクトが落ち着いた空間を演出。入口に踏込床を設けたのは「廊下にスリッパを放置したくないから」と奥様。(写真右)

リビングの掃出し窓からウッドデッキ、そして庭へ。右奥は玄関ホールに続くドア、右手前のドアは階段や水回り、和室に面した廊下へつながる。リビング階段をつくらない代わりにリビングを通って2階に行く動線を採用。テレビ台は自動掃除機が通れるように壁掛けタイプ。

スペース効率のいい壁付けキッチンを採用。LDに面した収納兼対面カウンターはバーをイメージした。ドリンクディスペンサーにはお気に入りのシングルモルトが並び、毎晩の晩酌も盛り上がる。

洗面台と収納、洗濯機を効率的に配置した洗面脱衣室は広々している。中央に勝手口を設けたのは、マラソンがご趣味のご主人が外からそのまま浴室へ行けるように。

家族3人で団らんする広々リビング

大切にしたのは、ご家族3人が快適に過ごせる空間です。部屋数を必要最小限にしたほか、ダイニングテーブルを使わずに広々と使えるリビングダイニングを。また、「子どもが大きくなっても顔が見られるよう、必ずリビングを通る動線にしました」と奥様。玄関ホールと廊下をあえて離した間取りにその思いが込められています。

 

「担当の風見さんが『これ以上考えられない!というところまで粘ってください』と言ってくれたおかげで、着工日が決まっていたので間取り決定に1年半以上も」と奥様が振り返ります。その甲斐あってライフスタイルに合わせた工夫も随所に。

 

お仕事を始める奥様の家事が楽になるよう、陽当たりのいい2階ホールを洗濯物干し場として。また、外から直接浴室に行けるよう、洗面脱衣室に勝手口を設けました。デスクやテレビ台、棚を造り付けにしたことに加え、収納を増やしたことで家具要らずのすっきり空間を叶えました。

 

ご主人はお住まいが完成するまでの過程をパラパラ写真にしようと、ほぼ毎日施工現場に通ったそうです。「同じ時期、建設中の建売住宅と見比べたりもしましたが、明らかに我が家の柱や筋交いの数が多くて驚きました。以前の住まいより広くなったにも関わらず光熱費が下がったのは、構造、基礎、断熱など建物の基本がしっかりしているから」とご主人は太鼓判を押します。笑顔が絶えないご一家の様子からも新居への満足度が伝わってきました。

プラスアドバイス

光や色を巧みに操る機能的な階段
ガラスブロックを使ったり、階段の踏み板を変えることで空間をおしゃれに演出。ガラスブロックからこぼれる光が夜の足元を照らし、階段と廊下の境が一目でわかるので両手が荷物でふさがり足元が見えにくいときも安心。(奥様)

納戸は奥様の衣類を中心に、季節の用具が収納可能な大容量。(写真左)

 

洗面台と室内干し機能に加え、本棚を設けて書斎のような使い方もイメージした2階ホール。冷蔵庫を置くスペースもあらかじめ確保。(写真右)

ホワイトと木目調でまとめられた子ども部屋は、飽きのこないシンプルな空間に。「大きくなっても居心地良く過ごせる」ことを見据えたデザイン。

ダークブラウンの床と一面に設けた暖色系の壁紙でリラックスムードの寝室。高窓にして光が入りすぎない工夫も。正面の書斎を兼ねたパソコンデスクやテレビ台は造り付け、中央奥にウォークインクローゼットを配置するなど機能面も充実。

ウォークインクローゼットは出勤前のご主人が着替えやすいよう工夫。下着→ワイシャツ→スーツ→メガネや時計など小物類を反時計回りに配置して一連の動作で。

紹介したお家の基本情報

構造:木造

延べ床面積:111.79㎡

階数:2階

工務店情報

会社名:「ずっとお金のかからない家」をつくろう 株式会社スズモク

所在地:

【本社】茨城県坂東市生子717-2

【つくば店】茨城県つくば市吾妻3-7-14エスワンビル 1-G 【※予約制】

連絡先:0120-18-7388  

FAX:0280-88-7388

http://www.8341ie.com

メール:info@suzumoku.com

間取り

room1
room1