住宅事例や家づくりのお役立ち情報満載!
子育て世代のための家づくり応援サイト
ieMADOα[イエマドアルファ] TOPページ > 住宅事例 > “一体感”と“個”が同居それぞれの時間を大切にした家

“一体感”と“個”が同居それぞれの時間を大切にした家

リビングはご家族の団らんの場。白い木目のフローリングはショールームで一目ぼれしたもので、「ナチュラル感があるうえ、汚れや傷も目立ちにくいんです」と奥様。大工にしっかりと取り付けてもらったというハンモックは耐荷重量100㎏。「子供たちの格好の遊び場になっています」(ご主人)。

2019.02.18/イエマドアルファ編集部

見せない工夫で広々とした空間を演出

シンプルですっきりとさせたかったという家の形は、入口を除けばほぼ総2階で耐震性にも優れる。暖色系でまとめた外観は南欧をイメージ。

「妻と僕二人のこだわりと好みを積み上げてつくった家です」と言って、ご主人は室内を見回しました。O様宅のLDKは白を基調に建具や家具のブラウンと観葉植物のグリーンが品良く配され、ストリップ階段の上にある大きな窓からは明るい陽光が注ぎます。「家族が集まる1階は、開放感を大事にしました」とご主人。LDKをL字型にして掃き出し窓の外にタイルデッキを設けたことも、庭との一体感を生み出して広さを強調する工夫です。

 

「生活感をあまり出さず、すっきりとさせたかった」と話す奥様のこだわりはキッチン。壁付けキッチンを選び、冷蔵庫や電子レンジなどのキッチン用品はリビングから見えないようにパントリーにまとめました。しかも、壁付けキッチンであればすぐ後ろにダイニングテーブルを置けるため、「料理を配膳する動線が対面キッチンより楽なんです」と奥様は笑顔です。

土間収納の可動棚に靴を収納。外出着などを掛けるラックの側面には入口から見えないように壁を設けることで玄関がすっきり広々。

1階も2階も壁や建具、カーテンを統一し、その中に差し色やデザイン性の高い小物で遊び心を取り入れるのがO様ご夫妻流。骨組みがむき出しになったストリップ階段は部屋を広く使えるというメリットもある。

プラスアドバイス

伝言、お絵かき、勉強と、大活躍のリビング黒板
前から壁に模造紙を貼って絵を描かせていたので、黒板があれば便利だなと思っていました。黒板塗料は壁紙の上に塗るだけですし、描いたものは固く絞った布でふけば消えます。お絵かきのほか、伝言や勉強にも使えて便利です。(奥様)

キッチンの色は建具に合わせたブラウンで壁はタイル貼り。コンロやシンクと一直線に並ぶようにパントリーがあるので料理の動線もスムーズ。

ミシンが置かれた奥様の作業スペース。「作業中もリビングや水回りの様子を注視できるようにリビングの横につくりました」と奥様。(写真右)

 

書斎は2畳ほどの広さだが、L字の机を造り付けて仕事の勉強や読書に使う空間と趣味の音楽に興じる空間を使い分ける工夫も。(写真左)

洗面所の床はテラコッタ調でナチュラルな雰囲気に。L字型にすることで入口から浴室が見えないようになっている。着替えやタオルを置くための棚は可動式。

こだわりと好みを詰め込んだ自慢の新居

一方で、個々の時間も尊重しているO様ご夫妻。お子様の個室はもちろんのこと、LDK横に元デザイナーの奥様がカバンやアクセサリーを製作する部屋を、2階の主寝室にはご主人の書斎スペースを設けました。「特に書斎の配置は迷いました」とご主人。そんなときに、シバ・サンホームの的確なアドバイスが頼もしかったと言います。

 

O様ご夫妻が数ある工務店の中からシバ・サンホームに決めたのはスタッフや職人の人柄でした。「誰もがいつも笑顔で親しみやすく、何より家づくりに対する思いが熱いんです」とご夫妻は振り返ります。間取りからローンの返済まで我がことのように親身になって相談にのってくれる姿が心強く感じました。

 

「リビングの壁一面の黒板も職人さんのおかげです」。そう話すのは奥様。最初は一般的な壁掛けタイプにする予定でしたが、しっくりこずに悩んでいたところ、職人が塗るだけで黒板になる〝黒板塗料〟の存在を教えてくれたのです。自分たちのイメージをしっかりつかんでくれていたこともうれしかったと語るご夫妻。想像以上のでき栄えだという自慢の新居は、ご夫妻のセンスとビルダーとの厚い信頼関係によって築かれていったのです。

ご主人こだわりの階段上の窓(左)。バルコニーのすぐそばにウォークインクローゼット(右)を置いたのは取り込んだ洗濯物をすぐしまう動線を考えてのこと。

2階の個室はすべて明るく通気性のよい2面窓。壁の色はお子様の意見も取り入れてセレクト。ご長男の部屋はさわやかなスカイブルーだ。

フクロウ柄の壁紙で遊び心を加えた寝室。紺色の仕切りの奥がご主人の書斎だ。座れば見えない仕切り壁の絶妙な高さで個の空間を生み出した。

「庭のタイルデッキではバーベキューなどをして楽しんでいます」とご主人。タイルデッキは耐久性が高く、汚れにくいのがポイント。

現場監督の瀧本さん(後列)とO様ご家族。「実際に建てられた方の家の見学会もリアリティがあって参考になりました」とご主人。

紹介したお家の基本情報

構造:木造

延べ床面積:106.99㎡

階数:2階

工務店情報

会社名:株式会社シバ・サンホーム

所在地:

【奈良店】奈良県奈良市北之庄町41-1

【桜井店】奈良県桜井市東新堂488-1

連絡先:

【奈良店】0120-154-483

FAX:0742-81-3946

http://www.shibasun.jp

メール:contact@shibasun.jp

【桜井店】0744-44-2050

FAX:0744-44-2052

http://www.shibasun.jp

メール:contact@shibasun.jp

間取り

room1
room1