住宅事例や家づくりのお役立ち情報満載!
子育て世代のための家づくり応援サイト
ieMADO[イエマド] TOPページ > 住宅事例 > 自然エネルギーと高断熱で夏も冬も快適な省エネハウス

自然エネルギーと高断熱で夏も冬も快適な省エネハウス

掃き出し窓は大きいタイプをセレクト。窓を開ければリビングと一体感が生まれ、開放感あふれる。また、対面式のキッチンからは1階全体を見渡せるように設計されている。

2019.04.26/イエマドアルファ編集部

薪ストーブからイメージを広げた暖かなお家づくり

ダークブラウンの外壁に明るい色のベランダ、ウッドデッキでメリハリをつけた外観。太陽光パネルを設置するため、屋根は片流れのタイプ。

お子様の成長にともなって家づくりを決意した古沢様ご夫妻。ご実家の隣に建てること以外は、こだわりやコンセプトなど何もない状態からスタートしました。

 

「まず、住宅展示場などを回り始めました。そこで出会ったのが薪ストーブ。ここから少しずつイメージが広がっていきました」とご主人。広々としたリビングには黒い薪ストーブがひと際存在感を放っています。

 

続いてご夫妻が着目したのが断熱でした。それまで、冬の明け方の冷え込みに悩まされていたからです。「気になったらとことん調べてしまう性格なんです」と話すご主人。断熱材についても独自に勉強を重ねていったと言います。

シューズボックスの横にカバンなどを置くカウンターを造り付け。壁も有効活用したいと、家のところどころにニッチを設けている。

LDKにはリビングをゆったり使いたいからとダイニングテーブルは置いていない。廊下をつくると部屋が狭くなるからとリビング階段に。ただ、トイレがあるのと、空気循環の調整を考えて階段には扉を設けた。基本的に室内の扉は引き戸を用いている。

薪ストーブに火をつけるご主人。真冬でもこれ1つで1階全体を温めてしまうほどの高性能。

キッチンの前にはご主人が自ら探した立派な一枚板のカウンター。キッチン横のニッチはパイプを渡せば料理本を入れるラックとして利用可能。

1階の洋室は客間にしたり、リビングとつなげてホームパーティーなどで広く使ったりと、時と状況に合わせてマルチに利用。階段下はくり抜いて収納スペースに。

家族の着替えなども置くために、3.5畳と広めの洗面脱衣室。棚は置くものに合わせて高さを変えられる可動式だ。カントリー調の壁紙は奥様のお気に入り。

見えない場所だからこそこだわることが大事

そんな時にご夫妻が訪れたのがスズモクでした。スズモクでは建物の内側と外側に断熱材を施工し、さらに太陽からの熱線を遮熱するシートも加えた断熱構造を採用しています。ご主人は「そのうえ、耐震性や耐久性も高い。それまでにもいろいろなハウスメーカーを訪ねましたが、スズモクさんが予算内で最も性能の優れた家を実現できると確信して、お願いすることにしました」と言います。実際、冬の辛さが軽減されただけではなく、「夏も室内に熱がこもりにくくて快適です」と奥様も笑顔です。

 

さらに電力には太陽光発電を導入。薪ストーブの活躍もあって電気代が削減できたうえ、経済産業省が定義するゼロエネルギー住宅にも認可されています。

 

目には見えにくい場所こそ大事だと語るご夫妻ですが、間取りにも随所にこだわりが見られます。家事動線を考えて水回りをまとめ、収納も使いやすさを考えた配置とつくり。部屋の用途に合わせて雰囲気を変えながら、ところどころアクセントをきかせた壁紙はできる限り実物を見て選んだと言います。「見学会がとても参考になりました。梁を出して天井を上げることで解放感が生まれることなど、体感してわかることがたくさんあるんです」とご主人。

 

入居しておよそ一年半後には、木材の切り出しから組み立てまでご主人自ら手掛けたという屋根付きのウッドデッキも完成。晴れた休日の昼下がり、窓を開けてウッドデッキでくつろぐご主人とお子様方を、笑顔で見守る奥様の姿がありました。

家族全員がベランダを利用できるように2階のホールを広めにとり、ご主人のトレーニング用サンドバッグを設置。左に主寝室と息子さんの部屋、右にお嬢さんの部屋が並ぶ。

お嬢さん二人の部屋は一間でも使える引き戸での仕切り。「将来もし、子供の家族と二世帯で住むことになったら広く使えた方が便利だろうと思いました」と、先々まで見据えた間取りだ。お嬢さんたちの雰囲気に合わせて、床や建具は明るいナチュラルブラウンに。

床や建具をダークブラウンでまとめた息子さんの部屋。さらに壁も一面だけ色を変えてかっこいい空間に仕上げている。

主寝室は天井と床の色使いで落ち着いた雰囲気に。ウォークインクローゼットより空間を有効に使えるのではないかと、収納は壁一面の4枚引き戸。

プラスアドバイス

ハンガーと可動棚の合わせ技で収納上手
個室のクローゼットはすべて、ハンガーパイプと稼働棚の二つに分けています。ハンガーにはジャケットやワンピース、可動棚には、畳んでおく物やカバン、帽子を収納することで整理整頓がしやすくてとても便利です(奥様)。

鈴木社長(後列左)と担当の浅野さん(後列右)と古沢様ご家族。「社長や社員のお宅も見学し、とても参考になりました」とご夫妻。

紹介したお家の基本情報

構造:木造

延べ床面積:139.00㎡

階数:2階

工務店情報

会社名:「ずっとお金のかからない家」をつくろう 株式会社スズモク

所在地:

【本社】茨城県坂東市生子717-2 

【つくば店】茨城県つくば市吾妻3-7-14エスワンビル 1-G 【※予約制】

連絡先:0120-18-7388  

FAX:0280-88-7388

http://www.8341ie.com

メール:info@suzumoku.com

間取り

room1
room1