住宅事例や家づくりのお役立ち情報満載!
子育て世代のための家づくり応援サイト
ieMADO[イエマド] TOPページ > 住宅事例 > 使いやすさとおしゃれを両立 西海岸風の店舗兼住宅

使いやすさとおしゃれを両立 西海岸風の店舗兼住宅

自然な木目と、海をイメージした青で西海岸風にまとめたLDK。大きな掃き出し窓は一つだが、キッチン背面上の窓から光が入り明るい。キッチンカウンターとテーブルの間の柱は構造上必要なもので、アクセントになるようにあえて太くしたところ、時計がぴったりサイズに。

2019.05.10/イエマドアルファ編集部

時間をかけて見つけた土地で理想の家づくり

ブルーを基調に一部を木目調のグレーの外壁にした。道に面した手前の白いドアは店舗入口。隠れ家的なおしゃれな雰囲気に。

「初めて見学会に行ってから、出産もあって引き渡しまで約4年。長かったですが、かえって時間をかけて考えることができたのは良かった」とM様ご夫妻。美容師の奥様が、自分の店を持ちたいと思い始めてから、いくつかの住宅メーカーを物色しました。知人がエスホームで家を購入したことから、見学会に行ってみたのがエスホームと出会ったきっかけです。

 

「他では決まったプランの中から選ぶように言われたりすることが多くて、話を聞いてもらえない印象だったのですが、エスホームさんは話を聞いてくれて。一緒に考えていきましょう!と言っていただいたのが、とてもうれしかった」とご主人。

 

〝土地は、建築条件がなく駐車場は3台以上〟などの希望を伝え、エスホームで探してもらうのと同時に、自分たちでも探し歩いたそうです。3年以上もの時間を経て得た土地は、南向きで前が開けた理想通りの場所。

玄関ホールもブルーの壁紙がアクセント。左の引き戸を開けると店舗へ。右の室内ドアはリクシルの同シリーズのもので、こちらはブルー系に統一。

玄関ホールからLDKに足を踏み入れると、白いレンガ調の壁紙のほか、床や柱、建具などナチュラルな木目が目に飛び込んでくる。カウンター下はアクセントとしてブルーに。お酒を並べたいという希望からつくったニッチは、転倒防止バーを取り付けた。

ご主人がどうしても取り入れたかったというヘリンボーンの壁面パネルは、自身で購入してエスホームに施工を依頼。リビングのアクセントになっている。

奥様経営による美容室。中央の受付台は大工さんに特注したもの。ブルーのドアは家の玄関ホールへ。白いドアは専用トイレ。左奥には洗髪スペースも。

白と青、木目調を巧みに組み合わせて西海岸を演出。鏡の上下の横長窓などによって適度な光量を確保した。クロスやロールカーテンは湿気や水気に強いものを採用。

背面に3枚扉の大きな棚をつくり、見せない収納を徹底したキッチン。収納内部にはコンセントだけでなく、換気扇まで付いている。

美的収納プランナーの草間雅子さんのセミナーにも参加されたというご夫妻がこだわった洗面脱衣室。収納は使いやすさを意識した配列。

細部までこだわり抜きいつもすっきり見える家に

そうしてできた美容室兼住宅のM様のお宅は、明るくさわやかな西海岸風。道路沿いに店舗の玄関を設け、住居と店舗部分はなるべく接しないようにしたいというご夫妻の希望から、住居の玄関を境に店舗と住居が分離。土地探しと同時進行で間取りの相談をしていたので、家づくりはスムーズに進みました。

 

LDKに入るとまず目をひくのが、キッチンカウンターからひと続きになった完全オリジナルのダイニングテーブル。「キッチンカウンターの長さに加えて、ダイニングテーブル部分の長さが必要なので、これに間取りが左右されるところもあって苦労しましたが、譲れないところで」と奥様。

 

さらに三品様のお宅で秀逸なのが収納。キッチン背面の収納棚はオリジナルで、食器だけでなく炊飯器や電子レンジなどのキッチン家電を収められる大きなものです。そのほか、必要なところに必要な量の使いやすい収納を設け、極力家具を置かずに、すっきりと暮らすことができています。

 

「隠れ家・海」をコンセプトにした美容室と、西海岸の乾いた風を感じられるような明るい家。3人のお子様のにぎやかな声とご夫妻の温かな笑顔があふれています。

各部屋のドア上のガラスブロックは、砂や貝殻を入れてデザイン。階段のニッチ、白い建具など、おしゃれでさわやかな階段ホール。

プラスアドバイス

階段下を有効活用した大容量の外収納
家の中の階段下にも収納をつくりましたが、外収納もできると提案いただきました。基礎部分の高さを活かせるので大容量で、アウトドア用品や車関連のものがたっぷり入れられます。庭に倉庫を置かずにすみました(ご主人)。

男の子二人の部屋。木目のアクセントクロスを貼った壁側には、勉強机にもなるカウンターを二人分設けた。将来お子様たちが独立しても、棚として使用することが可能。3枚扉のクローゼットは二人分の洋服などが余裕で収まる大容量。

ご長女の部屋のアクセントクロスは弟さんたちとは異なるタイプの木目調。5畳強の広さだが、大容量のクローゼットを設けたことで室内はすっきり。

「バルコニーを広くしたかったので、寝るために必要なだけのスペースを確保した」という主寝室は居心地が良く、壁紙と天井も落ち着いた雰囲気。ウォークインクローゼットには棚も設けて、細々したものを置けるように工夫。

エスホームの西村社長(右)とM様ご家族。「細かな希望も聞いてもらえて、本当に思い通りの家ができました」(ご主人)。

紹介したお家の基本情報

構造:木造

延べ床面積:126.29㎡

階数:2階

工務店情報

会社名:株式会社エスホーム

所在地:栃木県宇都宮市平出町3563-3

連絡先:028-613-6606

FAX:028-613-6616

http://www.shome.jp

メール:mail@shome.co.jp

間取り