住宅事例や家づくりのお役立ち情報満載!
子育て世代のための家づくり応援サイト
ieMADO[イエマド] TOPページ > 住宅事例 > 親から子への愛情いっぱい!仲良し家族のモダンな我が家

親から子への愛情いっぱい!仲良し家族のモダンな我が家

光沢のある黒でビシッと決めた内藤様のお宅。選んだ床材は、横尾建設では本来は2階用のラインナップの製品だが、深い黒が気に入って1階に使用した。現在、この床に合う黒い革製ソファを取り寄せ中。開放感のある折り上げ天井は、横尾建設の標準仕様として施工できる。内藤邸ではアレンジして周囲に間接照明を設置した。

2019.05.13/イエマドアルファ編集部

要望を満たせる注文住宅での家づくり

外壁は爽やかな白。「内装と同じく黒にしたかったのですが、シーリングレスの汚れにくい外壁材なので白でもいいかなと思いました。ただし、破風は汚れが目立ちそうなので屋根と同じダークブラウンです」(ご主人)。向かって左の玄関はご主人の営む足場工事会社の事務所用、右は家族用。

内藤家の家づくりではちょっとした波乱がありました。まず、新築を考えたちょうどその頃、ご主人の営む足場工事の事業を法人化したことでローンの借入れに3期分の決算書が必要となり、スタートが遅れました。その後、晴れて審査をパスし、大手住宅会社と仮契約をすませたものの…。「設計に納得がいかなくて解約したんです」とご主人。

 

一番の不満は間口の狭さでした。敷地が縦長なのを承知の上でなるべく広い間口を希望しましたが、出来上がった図面は「とても細長い家」。これ以上は広げられないとの説明に悶々としていたときに、横尾建設と出会いました。「住む人の生活に合わせた工夫があって、一軒一軒が違う家で驚きました」と言うご夫妻。

 

さっそく、間口の相談をすると、一回の打ち合わせですべての要望を満たした図面が上がってきました。「それで横尾建設さんに変えたんです。最初の会社は注文住宅と言ってもある程度決まった形から選ぶやり方。本当の意味での注文住宅って少ないんだなと勉強になりました」とご主人。

2WAYの家族用玄関。幅もゆったりとしているが、高さのあるエコカラットとミラーで縦方向にもゆとりと豪快さが感じられる。

キッチンとダイニングテーブルを横一直線に並べたことで、配膳や片付けがラクになった。収納や作業場所がたくさんあるため料理のストレスが減ったという。アパート時代は一度もキッチンに立つことのなかったご主人も「料理をしたくなって、天ぷらを揚げたりしています」。右端の構造柱は棚風に仕上げてオブジェ置き場に。

キャビネットのワインレッドや家電の赤い色がLDK全体のアクセントカラーになっている。冷蔵庫は階段下を利用、パントリーはコの字型に可動棚を巡らせて収納力アップ。メモなどを貼るために冷蔵庫とパントリーの間の壁裏にマグネットを設置した。

和室は建材の質感と配色にこだわった。ブラックの天井、えんじ色のブラインド、塗り壁風のクロス、堅めで踏み心地の良い琉球畳。仏間の朱色の和紙風クロスが、お仏壇の艶のある黒を引き立たせている。

洗面台は脱衣室から独立させ、1階トイレの横に設置。「年頃の娘が脱衣室を使いやすいようにという、横尾社長からの提案です」(ご主人)。洗面台を抜いたため、脱衣室は1.5畳とスペースを節約できた。

併設の事務所は応接室でもあるため、暗くなりすぎないよう床色は白を選んだ。「アパートで事務仕事をしていたときは、子どもがいない間に資料を広げて、いちいち片づけていました。事務所ができて本当に快適です」。

 

3人の子どもが将来も使える3つの部屋を確保

念願のマイホームでご主人は内装に力を注ぎました。横尾建設のラインナップで一番色が濃いという床をはじめ、光沢のある黒をベースにした〝男前〟なモダンスタイル。特にリビングは、間接照明を仕込んだ折り上げ天井との組み合わせで高級な宿泊施設のような趣があります。

 

「とにかく内装重視」と言いますが、限られた面積で子ども部屋の数にはこだわりました。3人のお子様は歳が離れていますが使い回すことは考えず、それぞれに部屋を用意しました。「嫁いだら別ですけど、家を出て行ったからと言ってすぐに部屋をなくすのはかわいそう。帰省したときに〝自分の部屋〟と思えるように残しておきたいんです」と奥様。

 

2階のご長女とご次女の部屋はそれぞれ4畳半ですが、デスク付きのロフトベッドを入れて空間を無駄なく使っています。3階は小屋裏を洋室にしたご長男の〝秘密基地〟。天井は低いものの遊ぶには十分で、今はカブトムシの飼育場としてフル活用しています。おしゃれで愛情豊か、ユニークな内藤家に合った特別な一軒になりました。

家族の人数が多いので2階にもトイレと洗面台を設置。トイレの隣は子ども部屋なので壁に防音を施した。トイレのクロスは正面、側面、天井の3面を異なるスヌーピー柄でコーディネート。

プラスアドバイス

スイッチオンで表情一変エコカラットのための照明
どうしても玄関にエコカラットを付けたくて自分と後輩で施工しました。上の照明はエコカラットをきれいに見せるためのもの。エコカラットの色は白一色なのに、光を当てると凹凸が浮かび上がってまったく違って見えます(ご主人)。

2階にあるご長女の部屋は4.5畳。デスク付きのロフトベッドで空間を上手に利用している。クロスはかわいらしいレンガ調。クローゼットの中も大好きなスヌーピー柄のクロスで自分好みに。

7畳の小屋裏は、2.5畳を物置に、4.5畳をご長男専用の部屋に。壁の幅いっぱいに渡したハンガーラックと棚で収納力も抜群。現在は、ここでカブトムシとクワガタを飼育中。棚の上も昆虫のペーパークラフトでいっぱい。

寝室はデザイン性の高いクロスでさらにスタイリッシュに。遮光性の高いカーテンでプライバシーをしっかりと確保した。横長のスリット窓の外はサンルーム。光と風を間接的に取り込むことができる。

5人家族の洗濯物が一気に片づく3畳のサンルームとバルコニー。サンルームには湿度をコントロールする吸放湿性クロスを使用。洗濯物の畳み作業用にカウンターを設置した。

コーディネーターの山口さん(後列)と。「私と同年代の横尾社長はとても話しやすい方だし、スタッフもいい人ばかり。建てた後のお付き合いも考えて横尾建設さんに決めました」(ご主人)。

紹介したお家の基本情報

構造:木造

延べ床面積:135.46㎡

階数:3階

工務店情報

会社名:子育て安心住まい上越横尾建設工業株式会社

所在地:新潟県上越市北城町1-10-10 保倉ビルB・C

連絡先:0120-998-450

FAX:025-522-4503

http://www.yoko-kensetsu.com/

メール:info@yoko-kensetsu.com

間取り

room1
room1
room1